後発医薬品と保険の関係とは

高齢化社会を迎えた日本において、医療保険財政が非常に厳しくなってきていますよね。
(汗)地方でも、個々の医療保険組合の資金繰りが問題視されています。
解決策のひとつに後発医薬品の活用が挙げられています。
これは、価格が安い後発医薬品を利用することで、医療費の発生を抑えようと言うことですね。
(笑顔)※これについては厚生労働省が推進しています。
後発医薬品と言っても先発の医薬品と性能は同等のものがあります。
それが認められているから、後発医薬品と表現されるのでしょうね。
それでは、後発医薬品の利用を進めるには、どうすれば良いのでしょう!?それは、医師と薬剤師への働きかけがポイントになります。
※(注意):後発医薬品を患者が直接選択することは出来ません。
その為に後発医薬品の活用推進は、医療関係機関に対して行われています。
(笑顔)それは医師に対し後発医薬品の活用をお願いすることですかね。
(笑顔)また、医療保険組合の役割も重要となってきます。
※後発医薬品は、「ジェネリック医薬品」とも呼ばれています。
※どちらも同じ意味になります。
ジェネリック医薬品を利用してもらうように保険組合からの働きかけも多くなっています。
そして、患者がそれを医師に伝えること大切ですね。
保険の窓口相談だけ