住宅ローン借り換えの相談はどこでできる?

長く続く不況の中で増税や物価高は進行するのにもかかわらず給料は上がらず、この状況が続けば住宅ローンの返済に負担が重くなるばかりです。
一方で、ゼロ金利政策は続行されているので、借り入れの金利は低く設定されています。
このような状況の中で家庭でもできる経済対策は、住宅ローンの借り換えです。
数十年前の高い金利より、不景気な現在の方が金利が下がっているので、思い切って住宅ローンを借り換えて毎月の支払額や総返済額を下げることができれば、家計への負担は軽減されるはずです。
しかし、借り換えには手数料などの諸経費がかかります。
借り換えで安くなった分より経費の方が高かったら、すべてが無駄働きになってしまうので、銀行の窓口へ相談へ行きシュミレーションをしてもらったほうがリスクが少ないと思います。
新生銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行などが人気が高いです。