光プロバイダにしたのに遅いと感じる原因は?

光プロバイダを使っているのにインターネットの通信が遅い場合には何が原因なのでしょうか。
いくつか原因は考えられますが、光プロバイダが安定していない場合、無線LANを多用している場合、パソコン本体が早い回線速度に対応していない場合、コンピューターウィルスによる接続不良等が考えられます。
光プロバイダが安定していない場合にはサーバメンテナンスや障害情報が出るのですが、インターネットに接続出来ない場合には確認するのが電話でしかなく、電話番号をメモしておくしか方法はありません。
仮にサーバが壊れていたとしてもサービス利用者の私たちには出来る事が何一つ無い為に頑張ったとしても意味がありません。
無線LANを多用している場合には近くのパソコンを有線LANに変える事で遅くなるのを防ぐことが出来ると思います。
無線LANで飛ばすことのできる量が限られてしまっている為にこの事態が起こりますので有線LANにすれば快適なるはずです。
パソコン本体が回線速度に対応していない場合にはパソコンを変えるか対応できるように改良するしか方法は無いのですが、そもそも改良できるのであれば早い段階で改良しているはずですので初心者の方はおとなしくパソコンを買いなおす方が早いでしょう。
こちら