住宅ローン借り入れの審査基準と年収の関係は?

できればいつかマイホームがほしいと考えているひとは非常に多いです。
しかし住宅の購入にかかる費用は一般のサラリーマン家庭にとっては非常に高額なため、多くのかたは各種金融機関が提供している住宅ローンを利用して借り入れを行い、何年もかけて返済していくのが一般的です。
住宅ローンを利用する際、銀行などの金融機関による審査をクリアする必要がありますが、この審査で重要となるのは返済負担率というものです。
返済負担率とは住宅ローンの年間返済額を年収で除した割合のことです。
すなわち年収1000万円の人が年間返済額300万円のローンを組んだ場合返済負担率は30%となります。
ローン審査の際はこの返済負担率を計算し、設定された基準を下回っていることが重要になります。
たとえば年収400万円未満の場合は30%まで400万円以上であれば35%までといった具合に基準を設けています。
住宅メーカーの営業担当者などが月いくらの返済額までOKかというアドバイスをする際にはこの返済負担率を根拠としていることがあります。